アフターピルやトリキュラーを安く購入 

低用量ピルのトリキュラーの服用の際の注意点です。服用前に確認しましょう。

トリキュラーの注意点

トリキュラーの注意点

トリキュラーは日本の産婦人科等で第一選択として処方されている低用量ピルです。非常に安全性も高く副作用も少ない事から人気となっています。しかし注意点や副作用はもちろんあります。ここでは注意点についてご紹介いたします。

服用方法を守ろう

21錠と28錠の2種類があり28錠のその内7錠はブラセボとなっています。これは飲み忘れ防止のための7錠で偽薬も含まれているのです。低用量ピルは毎日忘れなく服用することが最重要です。もし飲み忘れてしまった場合はその日のうちであれば早急に服用し、2日飲み忘れた場合は直ちに服用自体を中止しなければいけません。なぜなら飲み忘れてしまうと避妊の効果が一切得られなくなってしまうからです。

もし服用を忘れたら次の生理が来るまで他の避妊方法をとるか、SEX自体を避けるようにしましょう。そしてまた生理周期とともに1から服用をスタートさせてください。服用方法を守ることで避妊効果を得ることができます。

血栓症に注意

副作用が非常に少ないトリキュラーですが重要な副作用として血栓症があげられています。血液が凝固してしまったりして心臓の疾患や循環器に問題が生じてしまうのです。血栓症の発生率は0.1%以下とかなり低い確率ですが、タバコを頻繁に吸っている方や、糖尿病など元々血液の流れに関して問題がある疾患を抱えている方は医師との相談が必要です。

血栓症に注意

タバコは控えましょう

タバコとピルの相性は悪く、血液の流れを悪くしてしまう可能性があります。特に35歳以上でヘビースモーカーの場合低用量ピルの服用ができない可能性が高いので注意してください。

もし体に合わなかった場合

トリキュラーを使用していて副作用が強く出たり体に合わないなと感じたら、他の低用量ピルへ変更することもできます。服用後1回や2回の服用であれば続けていくうちに次第に緩和される場合が多いので様子を見てみましょう。もし重要な副作用の場合はただちに服用を中止し、医師や専門家に相談してみましょう。