アフターピルやトリキュラーを安く購入 

低用量ピルのトリキュラーはドイツで開発された薬です。服用方法などを解説します。

トリキュラーについて

トリキュラーについて

トリキュラーは毎日決められた順番で服用することでほぼ確実に避妊することが可能な低用量ピル(経口避妊薬)です。

妊娠を求めていないSEXをしたいのであれば、トリキュラーを使用することが一番安全でメリットの多い避妊方法となるでしょう。ED治療薬レビトラなどで有名なドイツの大手製薬のバイエル薬品が1976年に開発しており、日本で承認されたのは1999年で今現在国内では避妊薬として医師の診断によってでしか購入できません。有効成分は黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの2種類になります。このホルモンを毎日低用量摂取することで妊娠と同じ状態へと体を近づけ子宮内膜の変化や排卵を抑え妊娠を防ぐことができるのです。

服用方法

トリキュラーには21と28があり、ブラセボが含まれているかいないかによって異なります。

(21)

避妊効果をすぐ求めたい場合は生理の初日から服用を始めます。初日に服用できた場合その日から避妊の効果が得られます。そしてそのまま服用を21日間続けます。そして7日の休薬期間をとり、また1から服用を開始してください。もし服用を忘れた場合1日以内であればその日に分を服用し24時間以上間を開けてしまった場合は服用を中止させ、新しく生理が始まるのを待ちましょう。もしその間にSEXをする場合は必ず他の妊娠を防ぐ方法をとりましょう。

(28)
(28)

基本的には21と同じですが、7日分のブラセボ(偽薬)が含まれているのでそのまま休薬期間を設けずに服用を続けます。そして28錠分が終わればまた生理が始まらなくても1から新しいのを飲み始めましょう。

購入方法

日本では病院処方となっていますが、海外通販などを利用してして海外のトリキュラーを個人輸入することで家に居ながら手に入れることができます。病院へ何らかの事情でいけない場合や、金銭面でコスト軽減したい場合は海外通販がお得で便利となっています。