アフターピルやトリキュラーを安く購入 

低用量ピルは毎日服用すればほぼ100%避妊できる避妊薬です。トリキュラーなど様々な種類があります。

低用量ピルとは

低用量ピルとは

低用量ピルとはピルの主成分であるエストロゲンの量を低用量にしたピルで一般的に避妊薬として扱われています。トリキュラーなどが有名です。低用量ピルのエストロゲンの量は50μg以下も物を指し、50μg以上のものは中容量ピルと呼びます。

以前までは中容量タイプのものが主流でしたが、今では中容量は治療用、低用量は避妊用として区別されています。ホルモン量を低用量にしたからと言って避妊率が下がるわけではなく、毎日決められた通りに服用することで、ほぼ100%近い避妊率を得ることができます。低用量にしたことによって副作用などが軽減されより安心して服用を毎日続けることができます。体は健康なのに薬を飲むことに対して抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、低用量ピルは避妊目的以外にも様々な効果をもたらせてくれます。

【低用量ピルの種類】

低用量ピルには様々な種類が開発されています、その種類によって飲み方などが異なっています。

(トリキュラー) トリキュラー

低用量ピルの中でも人気なのがトリキュラーです。大手製薬会社バイエル社が開発販売しており、有効成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)になります。トリキュラーを摂取することで、常に妊娠していると胃と同じような状態へと近づけ妊娠させないようにしてくれます。トリキュラーは日本の産婦人科の中でももっとも多く処方されており、産婦人科医の中で信頼の高い低用量ピルとなっています。

(マーベロン) マーベロン

マーベロンはメルク&カンパニーが製造販売している低用量ピルです。タイなどアジア圏を中心に販売されています。有効成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール0.3mg)と黄体ホルモン(デソゲストレル0.15mg)でホルモン量が従来に比べて少なくなっており副作用などを気にせず服用することができます。

(ダイアン35) ダイアン35

ダイアン35はバイエル社が開発販売した低用量ピルです。小柄なアジア人向けに開発されたピルですが元来の目的はニキビ予防の為に開発されました。有効成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール0.035mg)酢酸シプロテンで服用を守って毎日飲むことで避妊効果を得ることができます。中には女性化を希望している男性が服用しているそうですが、本来は女性用となっているので注意が必要です。日本では現在未承認となっています。