アフターピルやトリキュラーを安く購入 

女性ならいつ何があるかわかりません。アフターピルを通販で購入しておいて常備するようにしましょう。

常備したいアフターピル

常備したいアフターピル

アフターピルを購入する方法は2種類あります。

  1. 病院で医師の診断により処方してもらい薬局で購入。
  2. 海外通販を利用する。

もしもの緊急時に服用するものなので、今すぐに手に入れたい場合は①の病院処方が一番ベストな購入方法です。しかしながら病院での処方は処方箋薬ながら保険が適用されない為かなり高額のものとなってしまい1回の処方で平均して2万円はかかると思っていたほうがよいでしょう。この2万円という数字ですが後々の中絶の費用などを考えた場合、天秤にかけると安価になりますが、やはり人間は目先の値段を気にしてしまいますし、特に若い世代にとっての2万円はかなり大きい問題となります。

そこで値段面で考えると、②の海外通販を利用する方法が一番ベストな購入方法になります。海外の医薬品通販サイトで販売されているものは殆ど日本の医薬品に比べて安価でさらに日本では販売されていないジェネリックもあります。アフターピルのジェネリック医薬品であるアイピルは海外医薬品通販サイトでは1錠1000円程で販売されているので効果は同等ながら10分の1以下の値段となります。この値段の差はかなり大きいもので、もちろん同じ効果で安価に購入できるのであればそれに越したことはありません。

常備したいアフターピル

しかし一つ重要なことがあります。それはアフターピルはすぐ服用しなければ効果は得られないという事です。最大でも72時間以内でないと効果は得られずさらに早ければ早いほど避妊の確率は高いのです。海外の医薬品はもちろん海外から送られてくるので日本の通販と同じように当日届いたり、翌日届いたりという事はあり得ないのです。早くても10日ほどかかってしまうのです。注文してから10日かかってしまってはアフターピルの意味がなくなってしまいます。

そこで多くの人がとってる方法とは、アフターピルを先に注文しておき、もしもの時のために鞄などに忍ばせてお守り代わりとして常備しているのです。自分の体を守るには自分しかいないのを肝に銘じ、もしもの時の為のお守り代わりとして持っておくことが自分を守る方法だという事を覚えておきましょう。