アフターピルやトリキュラーを安く購入 

アフターピルはどのような作用で妊娠を防げるのでしょうか?また、避妊に成功したかの判断方法など解説します。

アフターピルの作用

アフターピルの作用

アフターピルは別名緊急避妊薬とも言われている通り、何かしらが原因でSEXで何らかの事情で避妊できなかった時に使用する避妊薬です。もちろん妊娠したくないのであれば、避妊するのが通常ですがやはり望んでいない妊娠がまだまだあるのが現状なのです。望んでないのに妊娠してしまった、一番困るのは女性自身なのです。経済力もないまま出産するか、子供をおろす所謂中絶するかとなってしまうのです。そのようなことにならないために使用するのが緊急の避妊薬なのです。

通常のピルに比べて成分量が高くなっている為SEXの後でも避妊が可能となっているのです。インドのシプラ製薬が販売しているアイピルに含まれている成分はレボノルゲストレル1.5mgで、黄体ホルモンと呼ばれているもので、摂取することで一時的にホルモンのバランスを変化させることで受精卵を子宮内膜へ着床するのを防いだり、排卵を遅らせたりすることが可能となるのです。

通常の場合だと、何もしなければSEXの後数日間かけて子宮内膜に着床し妊娠へとなりますが、アイピルを飲むことで子宮内膜を所謂故意にはがすこととなるのです。したがって数日たてば生理が来るようになるのです。もちろん生理が来る期間の個人差もありますが、生理が来たことによって妊娠を防げたことが明確となるのです。

早く飲めば飲むほどその効果は高くなっています

アイピルは時間が重要となっており72時間以上たってしまうと効果を得ることができません。さらに早く飲めば飲むほどその効果は高くなっています。服用したからと言って絶対妊娠しないわけではありませんので、なるべく早い行動をとりましょう。

服用したらもう妊娠しないの?

アフターピルの服用において心配とされるのが、将来妊娠できないのではないか?ということです。服用したから将来妊娠できないという心配は必要ありません。中絶などに比べると女性への負担はかなり軽く安全性も高いと言えるでしょう。もちろん常用するものではないので、緊急時にのみに利用するよう心がけましょう。