アフターピルやトリキュラーを安く購入 

避妊薬にはアフターピルと低用量ピルの2種類があります。女性なら知っておきましょう。

避妊薬アフターピルとは

アフターピルとトリキュラー

避妊薬とは

妊娠を希望してないのに妊娠してしまった。このような状況にならないために様々な避妊方法をとります。その中でも確実性が高く安全性も高いのがトリキュラーなどの経口避妊薬を使った避妊方法で、一般的にピルと呼ばれており、女性ホルモンを主成分としています。

避妊薬が世界で初めて誕生したのは1960年代でアメリカで開発され瞬く間に普及されるようになりました。アメリカやイギリスなどでは妊娠を希望しない若い世代の女性の多くが使用しており、避妊方法=避妊薬として定着しているようです。しかし日本では避妊薬はまだまだ一般的とは言えずむしろピルを使用していると偏見の目で見られてしまうというのが実情となってしまっているのです。

なぜ日本で避妊薬は定着していないのか?

なぜ日本で避妊薬は定着していないのか?これは日本の性教育での観点の相違からきているものではないでしょうか。日本でももちろん学校などの保健体育などで性教育は受けますが、妊娠したくなければ避妊薬を飲みなさいという教育は受けてこなかったのです。SEX=子供を作るための行為であって、快楽のための行為とは教えてもらえなかったのです。しかし実際は子供を作るための行為だけではなくむしろ快楽を求めてSEXをする人のほうが多いのではないでしょうか?もちろん避妊方法としてコンドームは必要ですし、性感染症やHIV予防にとっても重要な役割を持っています。しかしながら避妊率は75%でのこりの25%はゴムをしていたにもかかわらず妊娠してしまっているのです。

その点避妊薬は決められた通りに服用することでほぼ100%の避妊効果となっています。避妊薬には毎日正しく服用することでほぼ妊娠することがないトリキュラーなどの低用量ピルと、性行為後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐアフターピルがあります。低用量ピルが普及したのは実はごく最近のことでそれまでは中用量ピルが一般的とされていました。ピルのイメージがあまり良くなかった原因の一つとして副作用の強さなどがあげられていましたが、低用量ピルが普及されそのようなイメージも払しょくすることができたのではないでしょうか?避妊薬はこれからもっと日本国内で広めるべきものであり、女性にとって重要であることは間違いないのです。

妊娠を希望していない人が妊娠をしてしまったら選択は二つ

妊娠を希望していない人が妊娠をしてしまったら選択は二つです。そのまま出産か、中絶です。中絶などと言った恐ろしいことを防ぐためにも、避妊薬についてもっと多くの知識を得る必要があるのです。

アフターピルとは

アフターピルとはSEXの後に72時間以内(3日以内)に飲むことで避妊効果が得られる経口避妊薬です。別名緊急避妊薬とも呼ばれておりあくまでも緊急時に服用するための避妊方法となります。

快楽目的のSEXの時は何かしら避妊方法をとると思いますが、その多くがコンドームではないでしょうか?もちろんSEXにおいて性感染症予防や避妊などから必須アイテムとはなっているのですが、実は100%避妊してくれるものではないのです。コンドームを着けていても、射精時にのみ着用する人やこすれてしまって破れてしまった、穴が開いて漏れていたなどひやひやな状態に陥ったことがある人も多い事でしょう。

このような失敗をしてしまった時でも72時間以内にアフターピルを飲むことができれば妊娠を予防することが可能なのです。アフターピルは時間との勝負で早く飲むことができれば早いほどその得られる効果は高く、72時間以内で80%ほど24時間以内に摂取できれば妊娠を予防する確率は95%とかなり高いものとなります。

アフターピルとは

アフターピルは飲むことで受精卵が子宮内膜へ着床するのを防いだり排卵を遅くさせたりする作用があるので妊娠を回避させることが可能となっているのです。もちろん100%回避できるわけではありませんが、早く服用することで妊娠を回避させる確率はかなり上がっていきます。アフターピルに関して重要な事は避妊に失敗したら毎回使えばいいというわけではありません。急激に女性のホルモンバランスを乱しているので、女性の体への負担がかなりかかってしまいます。あくまでも本当の緊急時のみの服用が求められます。

日本でアフターピル承認されたのは2011年の5月でそれまではアジアで認可されてなかったのは北朝鮮と日本だけだったのです。しかし承認された今でもアフターピルは保険適用外となっており、すべて自己負担となってしまっているのです。日本でアフターピルは処方箋薬なのですが費用は自己負担となってしまっているので、これに対して異議を唱える団体も存在しているのです。アフターピルは1錠単価10000円~20000円とかなり高額に設定されており、病院によっては説明料などもかかってきます。

アフターピルは日本ではまだ認知度が高くなく、3人に1人の割合でしかその存在は知られていないのです。アフターピルで人気があるのはインドのシプラ社が開発販売しているアイピルです。ノルレボのジェネリックで新薬よりも安価に購入できることから人気となっています。

ジェネリックのアイピル

ジェネリックのアイピル

アフターピル通販で購入する時に多くの人が第一選択としているのが、インドのシプラ製薬が開発販売している「アイピル」です。アイピルは日本のあすか製薬が開発した「ノルレボ錠」と同じ有効成分レボノルゲストレス1.5mgを主成分としており、ノルレボ錠のジェネリック医薬品になります。アイピルは日本では承認されていないので海外通販で購入することができます。

ノルレボが日本で承認されたのは2011年で実はごく最近のこととなります。さらに日本ではアフターピルは保険が適用されない為すべて自己負担となっているのです。病院でアフターピルを処方してもらうと、1錠1万円~2万円ほどかかってしまいさらに診察代などがかかるためかなり高額となってしまいます。

その点アイピルはジェネリックで海外通販で購入することができるため1錠1000円ほどで購入することができるのです。医薬品の値段が安いと、本当に効果があるのかと疑問に思う人が多いですが、ジェネリックは元からある有効成分を元に開発されている為その開発コストが非常に安く済むことから安価な値段で販売することができるのです。もちろん効能や効果は新薬と同等で、さらに飲みやすくされていたり改善されていたりする場合もあるのです。

アフターピルであるアイピルは服用することによって急激に女性の体のホルモンを乱すことによって妊娠を防ぐ

アフターピルであるアイピルは服用することによって急激に女性の体のホルモンを乱すことによって妊娠を防ぎます。その確率は72時間以内で80%24時間以内で95%とかなり高い確率で妊娠を予防することができるのです。アイピルは非常に安価な値段で購入できるのですが、決して毎回SEXの後に服用するものとしては開発されていません。

女性への負担などを考えると、本当に緊急時にのみ服用するようにしましょう。海外通販で購入する場合は、手元に届くまで時間がかかるのであらかじめ購入しておき、もしもの時に備えておくのが賢明でしょう。

もし本当に妊娠を希望していない場合は、低用量ピルトリキュラーなどがお勧めです。毎日決められた通りに服用することで100%に近い数字で避妊することが可能で、女性特有の疾患予防などのメリットもあります。

避妊薬服用前に知っておきたいこと